ナンパによる出会い part3

PR| 長年のニキビを改善

さぁ、女の子とついに飲みに行くことができました。
一緒にお店に入るころには、最初に声をかけたときとはうってかわってフレンドリーになっていることが多いです。
「ここでいいですか?」「何が食べたいですか?」
そんな質問に対して女の子は普通の友達のようにこたえてくるでしょう。

もちろんこっちの都合で誘っているので、女の子の好みのお店をチョイスしましょう。

お店に入ったら席を案内し、先に座らせてあげましょう。
荷物を置いてあげたり、上着をかけてあげたりするのがポイントです。
やさしく紳士的に接しましょう。

自分ばかりメニューをみるのではなく、当然ですがまず相手が何を飲みたいか聞きましょう。
せっかくなのでアルコールがいいですよね。
でももし万が一アルコールを飲まないとしても強要してしまってはNGです。

おしぼりがきたら先に渡しましょう。
飲み物が来たら先に渡しましょう。
食べ物がきたらつぎわけてあげましょう。

全て基本です。

楽しく会話をしながら飲みだしたら、もう既にナンパで知り合ったとは考えられないくらい
キョリが近くなっていることが多いです。

ここでうまく話しが盛り上がると、相手の方から「カラオケ行きませんか?」だとか、
「今度また遊びに行きませんか?」とか誘ってきます。
2軒目行きましょう。というのはあまりないかもしれません。

ここはぐっと我慢して次の約束に託しましょう。
その場で最後まで期待したら中々うまく行きません。
しかも、今回の場合はナンパでHをすることが目的ではありませんから。
あくまできちんとした出会いを見つけるための手段です。

さぁ、これで次回会う約束をしたとしたら、これって普通の出会いではないでしょうか?

ここから一緒に遊びに行く友達になり、交際へと発展する。
れっきとした出会いです。

これでもナンパを全否定しますか?

何も出会いがないならナンパも一つの出会いの手段だということですね。

<PR>今日の占いチェックしてみませんか?

広告