出会いがあるときのタイミング

PR| ニキビに優しい基礎化粧品

出会いにはタイミングというものがある。
タイミングが良かったーとか、タイミングが悪い。だとか聞いたことはないだろうか?
合コンなどに行ったことがある人なら、一度や二度、男女の出会いについての話題で
「タイミング」というキーワードを耳にしたことがあるはずだ。

そもそも出会いのタイミングとはどのようなものなのだろうか?

街を歩いているときのタイミング?
お店に入るときのタイミング?
声をかけるときのタイミング?

タイミングといっても様々である。

出会いに関するタイミングとは、たとえば本来なら気の合う男女であったかもしれない(もし付き合ったりしていたら)
そんな男女でもたとえば片方に恋人がいたとしよう。
浮気とかそういった類の除けば、相手に彼氏・彼女がいた場合、普通はそれ以上の関係にはなり難い。
もしどちらも彼氏・彼女がいなかったらお互いに少し興味をもって、デートにいったりしていて、
お互い気の合うことを確かめ合っていたかもしれない。

もしかしたらこのカップルの相性は他のどのカップルよりも、
今現在付き合っている彼氏・彼女よりも抜群に良かったかもしれない。
でも片方に彼氏・彼女がいるタイミングのときに出会ってしまったから付き合うことにはならなかった。
このようなときに”タイミング”という言葉を使うのではないだろうか?

仕事も恋もタイミングというのはもちろん必要である。
仕事も営業で顧客先に訪問したとき、たまたま決裁者が暇をしていて会ってくれたり、
また、予算が余っているタイミングにちょうど訪問したりしたらそれころラッキーである。
これぞビジネスでのタイミング。

恋愛だって同じようなものである。

しかしこのタイミングというのは考えようでもある。
何故か?先に話しをしたカップルの場合を例にとる。
このとき最初に出会ったのがお互い20代前半だったとしよう。
男性も女性もそのほとんどがまだ20代前半というと恋愛経験に乏しい。
こんな時期に出会っていてもお互いの良さをわかることができず、
付き合っても分かれてしまっていたかもしれない。
相性は良いはずなのに出会うタイミングを間違えるとわかれてしまう。
一度付き合って相手のことに対して悪いイメージがつくと、それからは付き合おうとは思わないはずだ。
このタイミングで相手に彼氏・彼女がいて付き合うことがなかった。
でももしこの数年後に再会してお互いに良い経験をしたあとだったとしよう。
こうなるとタイミングが良いわけである。

結局タイミングとはものの考え方によって良い、悪いが決まってくるもののように思う。

恋愛もタイミングが悪い!とネガティブにものをとらえず、いつもポジティブに考えることがもしかしたら
恋愛成功の近道になるのかもしれない。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中